2017年6月5日月曜日

【神社ブログ】この鳥居は珍しくない?恵美須神社の境内にある豊受稲荷宮の鳥居

私は今までに色々と珍しいと思うものを紹介してきました。
中でも鳥居は神社巡りを始めた頃、何も知らない時にまとめて紹介しました。

少しだけ変わっていると思われる鳥居をご紹介します!

ただ、今考えると意外と普通だったりするものも多いんですよね。{汗}
『鳥居の笠木が五角形だ!』なんて言っていたらそれが普通だったり、『鳥居が白だ!』と喜んでいたらそれも普通だったり。
神社の知識があまりない人って、鳥居の色は朱色だと思っているのではないでしょうか。
まあそんな感じで、知識が無ければ何でも珍しく感じるものです。

さてしかし、そこそこ知識を集めてきた私でも、まだこれは珍しいと感じる鳥居を発見しました。
恵美須神社の境内にある『豊受稲荷宮の鳥居』です。


一見、特に珍しいと感じる所なんてなさそうです。
私も今までは全く気が付きませんでした。
そしてそれに気が付いて調べてみても、意外とこのような鳥居は見つかりませんでした。

さて何処が珍しいのでしょうか。
ヒントは楔(くさび)です。
なんと楔の色が黒なんですね。
一瞬楔が無いように見えたんですよ。
それでよく見ると黒の楔だったわけです。
楔が無い鳥居というのは全く珍しくはありませんが、朱色の鳥居で楔が黒なのは、Google大先生で検索しても私には見つけられませんでした。

そんなわけで、珍しいものは鳥居に限らず、色々な神社に色々と存在します。
そんな珍しい探し、神社巡りをしながらやると楽しいですよ。
そんな事を先日も言いましたが、その違いの意味を考えるのも楽しいのです。
この鳥居に関しては意味はなさそうですけれどね。

ただこの神社に関してはもう一つ気になった点がありました。
豊受稲荷という部分です。
あのアマテラスちゃんとマブダチの豊受ちゃんかと思ったら違うんですね。
いなり神社にピッタリの神様だと思ったのですが何故か違うのです。
こういう所をまた調べていくと面白いかもですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿


管理者:秋華Google+   秋華エントランス   サイト説明